本文へスキップ

 九州大学 大学院医学研究院 神経解剖学分野

研究テーマ(1):神経回路を構築している脳の多様なニューロン、グリア群の定量化に関する研究

    認知や情動に深く関わっていると考えられている大脳辺縁系や、辺縁系と入出力を有する大脳皮質を主たる対象にし、免疫組織化学解析、ステレオロジー定量解析、点過程解析、多変量形態計測解析などを組み合わせて、神経回路の定量化を主軸とする独自の形態学的研究を展開している。

研究テーマ(2):神経回路の活動様式に関する研究

    脳の複雑な機能発現の基盤と考えられている広域神経回路の活動性について、トレーサー解析、電気生理学的解析、生化学的解析、超微形態解析などを組み合わせる集学的研究を行っている。

 研究テーマ(3):脳構造の可塑性に関する研究

    精神疾患発症・治療モデル動物を用いて、「心」の変容への関与が指摘されている脳構造の可塑的変化について、神経回路の構築をターゲットとする新たな形態学的・電気生理学的研究に取り組んでいる。

研究テーマ(4):新規機能分子の中枢神経系における発現様式に関する解析